朴栖甫(Park Seo-Bo)は1931年に韓国の慶尚北道、醴泉に生まれ、1954年に弘益大学美術学部絵画科を卒業後、1961年のパリ滞在を経て、モノクロームの線画や韓紙の質感を活かした作風を発展させました。韓国現代美術の先駆的存在であり、韓国単色画(Dansaekhwa)を代表する作家です。
朴は「エクリチュール」シリーズで最もよく知られています。1960年代後半に始められた「エクリチュール」シリーズは、道教や仏教の哲学や韓国の書道の伝統を起源とし、時間、空間、物質の概念と密接に結びついています。初期の作品では、まだ乾いていない単色の絵の具の表面に鉛筆の線画を描いていましたが、後期の作品では、韓国の伝統的な和紙である韓紙を重層的に用い、指や器具で表面に縦線を入れて幾何学的な起伏を作ります。こうして生まれる形態や色彩の限定性はミニマルアートを思わせるものですが、「描く」ことを通じて反復的行為を写し取ってゆくその作品は、西洋のコンセプチュアル・アートとは異なる経路を通じて、ある精神性へと至る試みと言えるでしょう。

SEOBO ART FOUNDATION
PARK SEOBO

WORKS

Title
描法 No.1-67
Year
1967
Material
Pencil, oil on canvas
Size
64.8 x 91 cm
Title
描法 No.11-80
Year
1980
Material
Pencil and oil on hemp cloth
Size
116.5 x 91 cm
Title
無題
Year
1982
Material
Pencil, oil on Korean Hanji paper on Canvas
Size
68 x 100 cm
Title
描法 No.30-85
Year
1985
Material
Watercolor on paper
Size
81.5 x 52 cm
Title
描法 No.960508
Year
1996
Material
Mixed media with Korean Hanji paper on canvas
Size
91 x 73 cm
お問合わせ
Title
描法 No.090615
Year
2009
Material
Mixed media with Korean Hanji paper on canvas
Size
130 x 165 cm
Title
描法 No.070125
Year
2007
Material
Mixed media with Korean Hanji paper on canvas
Size
40 x 54 cm
Title
描法 No.080511
Year
2008
Material
Mixed media with Korean Hanji paper on canvas
Size
75 x 58.3 cm
Title
描法 No.080507
Year
2008
Material
Mixed media with Korean Hanji paper on canvas
Size
75 x 58.3 cm
Title
描法 No.080502
Year
2008
Material
Mixed media with Korean Hanji paper on canvas
Size
75 x 58.3 cm

EXHIBITIONS

Tokyo

開廊70周年記念 東京画廊 70年(後期)

2020/11/28–12/24

Tokyo

小品展

2020/6/13–7/25

Tokyo

韓国・五人の作家 五つのヒンセク〈白〉

2018/3/10–4/28

Tokyo

Empty the Mind: The Art of Park Seo-Bo

2016/3/30–5/14

Tokyo

朴栖甫展

2000/10/23–11/11

Tokyo

朴栖甫

1998/4/6–4/25

Tokyo

丁昌燮、金昌烈、朴栖甫  韓国現代作家:丁昌燮・金昌烈・朴栖甫 陶板作品展

1996/8/19–8/29

Tokyo

朴栖甫

1994/1/17–2/5

Tokyo

韓国の四人

1988/1/25–2/6

Tokyo

朴栖甫

1986/6/16–6/28

Tokyo

ヒューマン・ドキュメンツ'84/'85-11

1985/7/15–7/27

白

Tokyo

韓国現代美術展

1983/5/23–5/28

Tokyo

朴栖甫

1978/6/5–6/17

Tokyo

5つのヒンセク<白>:韓国5人の作家展

1975/5/6–5/24

NEWS

Art Basel Hong Kong

会期:2021年5月19日 (水)- 5月23日(日)
会場:Convention & Exhibition Centre、香港
アーティスト:朴栖甫、関根美夫、菅木志雄、高松次郎、田中敦子

SELECTED PRESS

2021/6/16

A Towering Figure in South Korean Art Plans His Legacy by Andrew Russeth

The Father of Dansaeckhwa: Park Seo-Bo and A Singular Art Movement by Charlie Lee-Potter

2020/7/7

At age of 90, artist pioneers new phase of life by ParkYuna

2018/4/17

韓国「単色画」の歴史的な展覧会の再展示。 鍵谷怜が見た、「韓国・五人の作家 五つのヒンセク〈白〉」展、鍵谷怜

2018/3/28

韓国5作家の単色画旧作・近作並べ展示

2018/3/1

Artist Interview Park Seo-Bo

2006/1/1

World Artist Park Seo-Bo