Tokyo

岡本信治郎

2022/7/2–8/10

岡本信治郎(1933-2020年)は都立日本橋高等学佼を卒業後、独学で水彩画をはじめました。1960年代に入り、簡潔な線描とアクリル絵の具の明るい色彩を用いた画風を確立します。1962年、1963年にシェル美術賞展で佳作、1964年に第1回長岡現代美術館賞展で大賞。以降、東京ビエンナーレ、現代日本美術展など国内外の展覧会に出品。近年では、ポップアートを世界的な文脈で紹介する「International Pop」展(ウォーカーアートセンター、ダラス美術館、フィラデルフィア美術館を巡回)に出品されるなど、戦後日本の一傾向を示す美術家として、国際的な評価が高まっています。東京画廊での第1回個展は 1966年に行っています(『虫 世界―あるいは大群の風景』)。また制作の傍ら、凸版印刷株式会社のアート・ディレクターとして勤務し、81 年までデザインの分野で活躍した一面を持ちます。

岡本はその長いキャリアにおいて、異なるスタイルによる多くのシリーズを展開しました。主題は下町の大衆文化から美術、宗教、歴史など多岐にわたります。作品は綿密なスケッチをもとに生み出され、感情を排した筆遣いによる形象が賑やかに画面に配置されます。リトグラフやシルクスクリーン、立体絵画、オブジェと、同一のイメージで色・サイズを違えてヴァリエーションを作るのは、「おかしんワールド」の真骨頂であり、展示スペ ースを圧巻のスペクタクルへと転じさせます。明るい祝祭的な画面空間には、観客を楽しませながらも迎合しない、台風の目のような静けさがあります。

本展では1980年以降の作品を展示いたします。チャップリンの初来日を題材にした《チャップリンの来日》 (1984年)、ブリキの玩具をモチーフにした《サーカスプレーン》(1983年)、幼少期の戦闘機への興味に発する《ゼロ戦》(1984年)など、日本の国威発揚の真っ只中で成長した少年の原風景が、独自の表現言語によって表現されます。その一方で、岡本の作品に現れるユーモアは社会批評に根ざしており、大衆性が映し出される賑やかなイメージも客観的で鋭敏な視線を感じさせます。

WORKS

Title
ゼロ戦
Year
1984
Material
Liquitex, canvas
Size
162.5 x 112 cm
お問合わせ
Title
サーカス・プレーン
Year
1983
Material
Liquitex, canvas
Size
110 x 110 cm (set of 2)
お問合わせ
Title
ゼロ戦
Year
1984
Material
Liquitex on canvas
Size
80.3 × 65.2 cm (set of 2)
お問合わせ
Title
二子山若貴兄弟
Year
1995
Material
Liquitex, canvas
Size
80.3 x 100 cm
お問合わせ
Title
お岩さん
Year
1985
Material
Acrylic on canvas
Size
116.7 x 91.0 cm
お問合わせ
Title
ころがる小錦
Year
1995
Material
Liquitex, canvas
Size
80.3 x 80.3 cm
お問合わせ
Title
エノケン的自画像
Year
1983
Material
Liquitex, canvas
Size
162 x 130.3 cm
お問合わせ
Title
若きエノケン的自画像あるいは、目の光る男
Year
1953
Material
Copperplate
Size
13.5 x 11.5 cm
Title
ゼロ戦
Year
1984
Material
Liquitex on wood
Size
Dimension variable
お問合わせ

岡本信治郎

1933年東京都生まれ。1952年都立日本橋高等学校を卒業後、(株)凸版印刷のアートディレクターとして26年間勤務。独学で水彩画をはじめ、日本水彩画展、二紀展などに出品。1956年村松画廊で最初の個展を開き、同年ヨシダ・ヨシエらと「グループ 制作会議」を結成。新印象派の画家スーラの作品に出会うことで、現代の病理を明るい色彩と単純な形態によって表わす発想を得る。56年、読売アンデパンダン展に出品。1962年と翌年のシェル美術賞展で佳作賞を、64年第1回長岡現代美術館賞展で大賞を受賞。この間、〈聖風景〉や〈10人のインディアン〉など、ユーモラスな形態の内に空虚感を込めた連作を発表。同年、国立近代美術館京都分館での「現代美術の動向」展、65年にはチューリッヒ市立美術館の「現代日本美術15人展」、ニューヨーク近代美術館の「新しい日本の絵画と彫刻展」など国内外の美術館で作品を発表。その後、68年にジャパン・ソサエティの招請により渡米し、ニューヨークを始め米国国内やヨーロッパを廻る。69年に「現代日本美術展」でフロンティア賞を受賞。79年には、池田20世紀美術館で「岡本信治郎の世界・25年のあゆみ」展、88年新潟市美術館にて「岡本信治郎の世界展--東京少年」、98年神奈川県立近代美術館にて「岡本信治郎展--笑うパノラマ館」、2001年池田20世紀美術館「岡本信治郎展--笑う雪月花(ころがるさくら)」、2008年東京画廊+BTAP(北京)にて「岡本信治郎の笑うパノラマ宇宙(笑いの哲学 1950〜2001)」など数多くの個展を開催。岡本信治郎は日本のポップ・アートの先駆的作家として知られている。

Learn More