Tokyo

西澤千春 ハッピーガーデン

2005/2/28–3/19


掲載評論:片岡真実『ドメスティック・ハピネス』

西澤千晴

1970年長野生まれ。東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻卒業。卒業後は版画を中心に制作活動を続けていましたが、思考のより直接的な表現を求めて絵画へ移行します。2003年にオペラシティアートギャラリーでの個展開催を皮切りに、2004年にVOCA展入賞、2006年に香港とソウルで個展が開催されるなど、活動の幅を大きく広げました。平坦で現実味のないフラットな背景に、会社員や家族などの群衆を俯瞰構図で描く西澤の作品は、現代社会に対する不安感とユーモアが入り交じります。

Learn More