展覧会(東京)

松浦浩之個展「SUPER ACRYLIC SKIN」
2005/11/28(mon) - 12/24(sat)

オープニングパーティー:2005年11月28日 17:00-19:00

「SUPER ACRYLIC SKIN」を身にまとう松浦浩之のキャラクターたち。セル版に描かれた彼らは、アクリルの肌を持ち、モニターの中に存在しています。
物心つく前からモニター越しに語りかけてくれた彼らは、私たちの心の防御をいとも簡単に取り払い、一緒に笑ったり、泣いたり、怒ったりすることができる存在となりつつあります。今まで私たちを引き裂いていたモニターという壁も、彼らにより近づこうと私たちがその壁を軽々と越えれば、彼らのアクリルの肌「SUPER ACRYLIC SKIN」に生命が宿るのです。
松浦浩之の作品はアクリックオンキャンバスがメインですが、今回はアクリックオンセル、立体作品も発表します。技術の高さはもちろん、構図の面白さも作品の特徴です。
松浦浩之は20年間アニメキャラクターのグッズなどを製作する会社で、グラフィックデザイナーとしてさまざまなキャラクターに接してきました。そのため、キャラクターに関する知見は非常に多く、真似ではない、オリジナルな作品を制作することが可能となりました。
今回はTシャツやハガキなど、限定アートグッズも販売します。また、オープニングパーティーにはスペシャルゲストとしてドラァグクイーンのアルピーナ、ジャスミンもお呼びする予定です。ぜひご高覧ください。

[松浦浩之 Hiroyuki MATSUURA]
1964年東京生まれ。1984年から有限会社タスクフォースにて、グラフィックデザイナーとして広告、パッケージ、装丁、ロゴデザイン等を手がける。1999年に"キャラクターイラストレーション"をテーマにポスター・パッケージ・スケートボードを組み合わせた作品を発表以降、世界各国で意欲的に作品制作を続け、近年中国で非常に高い評価を得ている。今回は満を持しての個展となる。
[略歴]
2001年 村上隆"芸術道場GP at MOT "参加、スカウト賞入賞
2002年~2003年 「IAIO International Art Exhibition」THE AIR GALLERY、ロンドン  オーストラリア4都市巡廻展
Bruce Watling Gallery、ゴールドコースト/TAP Gallery、シドニー/STEP Gallery、メルボルン/Bruce Watling Gallery、ブリスベン
2004年「China International Gallery Exposition」(北京アートフェア)、北京
「Fiction Love-Ultra New Vision in Contemporary Art」展 台北現代美術館、台北
2005年「Techno Orientalism」展 北京東京芸術工程、北京 「The 1st China International Animation and comic Industrial Expo」杭州/北京

  • 1.Tokyo.jpg
  • 2.Tokyo.JPG
  • 8.Tokyo.JPG
  • Speed Race.jpg
このページのトップへ