展覧会(東京)

次回展覧会:松浦浩之「SUPER ACRYLIC SKIN -- TOKYO-GA」展
2019.11.2 (sat) - 12.28 (sat)

2019年11月2日(土)〜12月28日(土)
オープニングレセプション: 2019 年 11 月 2 日(土) 16:00〜18:00
東京画廊+BTAP | 東京
〒104-0061 東京都中央区銀座 8-10-5 第4秀和ビル7階
TEL: 03-3571-1808 / FAX: 03-3571-7689

この度、東京画廊 + BTAP(東京)では、11 月 2 日(土)より松浦浩之個展『SUPER ACRYLIC SKIN- TOKYO-GA』を開催いたします。東京画廊+BTAPでの4年ぶり4回目の個展となる 本展では、東京の「COOL」「カワイイ」文化をテーマに制作した最新作と、松浦にとって新 しい試みであるドローイング作品を複数展示致します。

松浦浩之は 1964 年東京生まれ。2005 年に東京画廊で開催された個展『Super Acrylic Skin』で デザイナーからアーティストへと転身し、以降、絵画、立体、版画など作品の形式を広げな がら、国内外で作家活動を行っています。昨年、オランダの Volkenkund Museum(ライデン) と Tropen Museum(アムステルダム)で開催された展覧会「Cool Japan: World Fascination in Focus」では、高さ4メートルの大作(2012)を出品し、展覧会のメインPRイメージとして使用されました。同展は今年 10 月にベルギーの Museum aan de Stroom(ア ントワープ)に巡回予定です。

「東京画」と題した本展に向けて、松浦は東京のストリート文化をモチーフに取り入れた新 作を制作いたしました。キャラクター達が行き交うメトロポリス・東京のキッチュでナイー ブな空気を映し出したシリーズとなっています。また本展では、10年ぶりに第三作目とな る浮世絵版画の新作を発表致します。松浦の作品は、浮世絵にも通じる躍動感あふれる構図 を特徴としており、日本のポピュラー文化の奥深さを表現するものとなっています。

このページのトップへ