展覧会(東京)

李鎮雨「森の奥で」
2017.3.4 (sat) - 4.15 (sat)

●オープニング・レセプション
2017年3月4日(土)|16:00-18:00
東京画廊+BTAPにて

この度東京画廊+BTAPは3月4日(土)より、李鎮雨の個展『森の奥で』を開催いたします。本展は アーティストにとって日本で初めての個展となります。

李鎮雨(Lee JinWoo)は1959年、韓国、ソウル生まれ。1983年に韓国の世宗大学を卒業後、1986 年に渡仏し、パリ国立高等美術大学を卒業。現在はパリを拠点に活動しています。
パリ留学中、李はイタリアのストロンボーリ島で火山の噴火を偶然目撃し、衝撃を受けます。火山 灰を持ち帰った李は、それを自身の作品モチーフとしました。 李は炭を撒いた上に韓紙を乗せ、鉄のブラシで叩くという作業を何層にもわたって繰り返すことで、 特有の質感をもったモノクロームの画面を作り出します。作家はこの作業について、自身に内在す る「何か」を、「頭」または「脳」の介在なしに表出するための手段だと語っています。概念や思 考の干渉を防ぐために必要なのが、強い労働の繰り返しなのです。 李の作品は、国際的再評価の機運がある韓国の単色画(Dansaekhwa)の「行為の反復」「修行」「精 神性」という要素にも一致します。本展には約30年前から制作を続けてきた韓紙、炭を使用した作 品「無題」シリーズの新作の約8点を発表いたします。
昨年、パリ市立セルヌスキ美術館に李の作品が収蔵され、またフランスの大手出版社アクト・シュ ッド社より李の画集が刊行されました。東洋人のアーティストとしては、李禹煥に次ぐ二人目の快 挙であり、ますますの注目が期待されます。

初日の 3 月 4 日(土)16 時より、来日中のアーティストを囲んでのオープニング・レセプションを 開催いたします。是非とも広告のご協力賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

このページのトップへ