展覧会(東京)

篠山紀信写真展「GINZA しあわせ」
2011.10.29 sat - 11.26 sat | 東京画廊+BTAP(東京)

●オープニング・レセプション/Opening reception
2011.10.29(sat) : 15:00 - 18:30


東京画廊+BTAPは篠山紀信の写真展「GINZA しあわせ」を企画いたします。



ここに展示する写真は、銀座の1丁目から8丁目に軒をつらねる30の店と、そこで商う人々を写したものです。

被写体となった店は、歴史を積み重ねてきた老舗からごく最近出店したばかりの新顔までさまざまですが、日本人が商う店の最高のクオリティーと個性を保っていることは共通しています。

銀座は近代の日本を象徴する街です。 100年という歳月のなかで、さまざまな業種のあるものが去ってゆき、あるものが残る――銀座の街は日々新陳代謝を繰り返してきました。そして、商売を営む人々は、いつの時代でも銀座に店を構えることに憧れ、店を構えた人はそこで働くことにしあわせを感じてきました。しかし、ポスト近代に入り、日本の街の様相が大きく変わるなかで、銀座といえども、そのブランド価値は見えにくくなってしまいました。


篠山紀信の写真はGINZAで働くしあわせを思い出させます。お客様はしあわせを求めて集まってきます。

写真は撮ったその時を写すだけでなく、過去を思い出させ、未来を指向する力があるメディアです。



[本展覧会の参加店・企業(被写体 順不同) ]

萬年堂


渡邊木版美術画舗

クラブグレ

ギンザのサエグサ

金田中

とらや銀座店

シセイドウ ザ ギンザ

電通

銀座くのや

鮨 青木

宝石専門店ミワ

ジュン アシダ

D-Heartman

相模屋美術店

銀座大黒屋

Cafe de Ginza Miyuki-kan

日動画廊

うおがし銘茶 茶・銀座

銀座千疋屋

対鶴館 バー&ダイニング「サンク」

壹番館洋服店

歌舞伎座

二葉鮨

髙橋洋服店

銀座もとじ

和光

銀座・伊東屋

お仏壇のはせがわ

古美術 祥雲

ハツコ エンドウ

東京画廊+BTAP

このページのトップへ