展覧会(東京)

25x4=□
2007/4/4(wed) - 4/28(sat)

オープニング:2007年4月4日(水)18:00 - 20:00

この度、東京画廊は、大平龍一、柴田鑑三、尾崎真悟、飯田竜太によるグループ展「25x4=□」を開催いたします。

大平龍一は、平安の世より日本人のそばにあった「畳」に草原や海、宇宙の姿を想像し、かつて千利休が二畳の茶室「待庵」で試みたような、大きく広がる自然の下で、人種や身分、肩書きを忘れて人が対話できるような空間を、木彫とインスタレーションで表現します。柴田鑑三は、スタイロフォーム(断熱素材)をニクロム線で何層にも切りぬくことで、壮大な、しかし柔らかで軽い印象を与える立面を造り上げます。光を独特な形で通す素材の特性を活かし、等高線のようなシルエットと凹凸を浮かびあがらせ、展示空間に波紋の様な広がりをもたらします。尾崎真悟は、能面が上下にゆっくりと運動する様を5つのビデオ画面に異なるスピードで映し出すことで、移り変わる感情、そこに生まれるストーリーを表現します。表情の変化しないはずのマスクが感情を持つように見えた瞬間、人の表情に感情を読みとるという、日常的で無意識の行為への信頼性は揺るがざるを得ません。そして飯田竜太は、本を繊細に切り込み、開いた状態でそれらを壁と天井からつるすことで、本の持つ「言語と意味」を「無言語と無意味」に転換させます。薄い紙が重なり、連なる様子は雲や山、波といった絶え間なく流れる自然界の景色を連想させます。

この4名はともに80年代初頭に生まれ、同じ時間をこの日本で過ごしてきました。「バブル全盛時代を幼少期、無意識に過ごしてしまった僕らには、体に刷り込まれた特有の感覚があると思います」と自ら語るように、それぞれの作品には周囲で起こっていることを擬似的、架空的なエンターテイメントであるかのように認識してしまう、虚無感ともいえる共通のトーンがあります。しかしその奥には、小さくも確かに存在する日常と森羅万象の中に生まれる、素朴でぬくもりのある出会いと対話に対する喜びが見えてきます。

作家全員が25歳であることを一つの切り口に、作家たちが渾身の力を持って取り組む今回の展覧会は、一種の「体験型」展示です。4名の作品の相互反応から生まれる空間は「未知数=□」であり、「無限=□」の可能性を持っています。この機会に是非ご高覧、ご体感ください。

協力:ダウ化工株式会社、株式会社クマイ商店、
(有)三協樹脂工作所

  • tokyo20070404-1.JPG
  • tokyo20070404-2.jpg
  • tokyo20070404-3.jpg
  • tokyo20070404-4.jpg
このページのトップへ