展覧会(東京)

朴栖甫「Empty the Mind: The Art of Park Seo-Bo」
2016.3.30(Wed) - 5.14 (Sat)

●オープニング・レセプション
2016年4月5日(火)|18:00-20:00
東京画廊+BTAPにて


東京画廊+BTAPでは、3月30日より朴栖甫個展「Empty the Mind: The Art of Park Seo-Bo」を開催いたします。

朴栖甫(Park Seo-Bo)は1931年に韓国の慶尚北道、醴泉に生まれ、1954年に弘益大学美術学部絵画科を卒業後、1961年のパリ滞在を経て、モノクロームの線画や韓紙の質感を活かした作風を発展させました。韓国単色画(Dansaekhwa)を代表するアーティストです。

東京画廊が1975年に開催し、朴も出展作家の一人として参加した『5つのヒンセク<白>:韓国五人の作家』展は、単色画の源流としてしばしば言及されます。その後も弊廊では朴の個展を1978年から2000年まで、計5回開催して参りました。第6回目となる本展では近作を展示するほか、第1回からの個展を振り返り、多くの図版と美術評論家・峯村敏明の評論文を掲載したカタログを出版いたします。

本展では朴の<エクリチュール(描法)>シリーズの新作を展示いたします。フランス語で「書く」ことを意味するこの作品群を、朴は1967年から継続して制作してきました。鉛筆を用いた線画は1980年代に新たな展開を遂げ、メディウムや描法を様々に変化させます。今回展示する作品で、アーティストは韓紙を重層的に用い、指や器具で表面に縦線を入れて幾何学的な起伏を作ります。こうして生まれる形態や色彩の限定性はミニマルアートを思わせるものですが、「描く」ことを通じて反復的行為を写し取ってゆくその作品は、西洋のコンセプチュアル・アートとは異なる経路を通じて、ある精神性へと至る試みと言えるでしょう。

アーティストの来日に合わせ、4月5日(火)18時よりオープニング・レセプションを開催いたします。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

このページのトップへ