展覧会(東京)

松浦浩之「Super Acrylic Skin- Trigonal Clone」
2015.9.12(Sat) - 10.17(Sat)

●オープニング・レセプション
2015年9月12日(土)|16:00-18:00
東京画廊+BTAPにて


この度、東京画廊 + BTAP(東京)では、9月12日(土)より松浦浩之個展『Super Acrylic Skin- Trigonal Clone』を開催いたします。

松浦浩之は1964年東京生まれ。1984年からデザイン会社に勤務し、グラフィックデザインの業務に携わります。1999年より、「日本のキャラクター文化」をテーマに作品を制作。2005年に東京画廊で開催された個展『Super Acrylic Skin』でアーティストへと転身し、以降、絵画、立体、版画など作品の形式を広げながら、国内外で作家活動を行っています。本展は、東京画廊+BTAPでは実に5年ぶりの個展となります。

昨年、髙島屋日本橋店、新宿店、大阪店の三会場で開催された巡回個展では、幅4メートル弱に及ぶ大作<風神雷神龍王召喚図>(2014)を発表しました。俵屋宗達の<風神雷神図屏風>を模倣した同作は、日本の平面文化の装飾性や、躍動感のある構図を意識したものでした。一方、本展で展示される作品は、プラチナム箔や金箔を基調とした、無機質で静謐な画面が特徴的です。彩度を抑えた色調を用いつつも、松浦の真骨頂である緻密な構図は健在です。浮世絵にも似た大胆な色面の構成によって、その画面は圧倒的な力で迫ってきます。

「Trigonal Clone」は、本展のために制作された120号3枚組みの新作のタイトルです。三人の女性を描いた本作品で、松浦はモチーフを静的に配置し、これまでとは異なる作風へ踏み出しつつあると言えるでしょう。本個展での初公開となりますので、どうぞご期待ください。

このページのトップへ