作家

渡邊陽平/Yohei Watanabe

JP027.jpg







渡邊陽平は1976年長野県生まれ。2002年に富山大学大学院教育学研究科を修了後、国内外で作品を発表しています。東京画廊+BTAPでは2007年に個展『瞬きを紡ぐ』を開催し、2009年には『VOCA展2009』(上野の森美術館)の出品作家に選ばれました。渡邊はアクリル絵具、油彩、色鉛筆など、近現代の素材を幾重にも重ねて描きます。描かれた風景と人物は、渡邊の世界観、人間観の反映であり、変容する現代人の影を映し出しています。

このページのトップへ