作家

荒木省三/Shozo Araki

JP017.jpg







荒木省三ホームページ
荒木省三は1973年に千葉県に生まれ、東放学園音響専門学校音響技術科を卒業後、独学で絵画制作を始めました。2003年から2006年にかけてGEISAIで積極的に作品を発表し、2004年のGEISAI6ではカルティエ現代美術財団のディレクターであるエルべ・シャンデス氏より、「エルべ・シャンデス賞」を受賞。以後、国内外の展覧会やアートフェアに作品を出品しています。
荒木省三の絵画にはグラフィックの要素が強く表れています。描かれる人物はマンガやアニメのキャラクターを喚起するもので、日本のポピュラーカルチャの側面を有しています。しかし一方で、荒木は単に現代社会に流通する多種多様なイメージをキャンバスに転写するのではなく、そこで生きる自身と人々の内面世界を表現することを試みています。

展覧会
個展「69億分の1の存在証明」(2012|東京)

このページのトップへ