作家

山口理一/Riichi Yamaguchi

JP022.jpg







1971年東京生まれ。1991年渡米。1997年School of Visual Arts(NY)で学士号を取得。卒業後6年間、杉本博司のアシスタントとして働く。2004年に帰国。トーキョーワンダーサイトを経て現在は都内の印刷会社に勤務。会社員として働きながら制作・作家活動をつづける。2005年にGustav Metzgerキュレーションによる展覧会EAST international(イギリス)に参加、2007年には東京画廊で個展「A Sense of Detachment」を開催。主なグラントは、Art Council England、文化庁などがある。

2007 個展「A sense of de-tach-ment」東京画廊+BTAP、東京
2007 「Works in Progress: 2002-2007 BTAP 5th Anniversary」東京画廊+BTAP
    北京
2009 「非実在のフォト(光)・グラフ(描)」東京画廊+BTAP、東京
2010 「ミクロサロン60」東京画廊+BTAP、東京
2011 「Japan Nude」メリーランド大学アートギャラリー、アメリカ
2012 「ミクロサロン2012」東京画廊+BTAP、東京
2013 「ミクロサロン2013」東京画廊+BTAP、東京

このページのトップへ