作家

関根伸夫/Nobuo Sekine

JP004.jpg







1942年埼玉県生まれ。1968年多摩美術大学大学院油絵研究科(斎藤義重氏に師事)を卒業。
1970年にベニスビエンナーレの日本代表アーティストとなり、ステンレスの柱に自然石を置く<空相>を発表し、センセーションを起こします。1968年10月には神戸の須磨離宮公園で、<位相-大地>を制作します。深さ2.7メー トル、直径2.2メートルに掘られた穴と、全く同じ高さ、直径に固めて作られた土の円柱で作られた同作品は、「もの派」の大きな分岐点となり、戦後日本美術の記念碑的作品と評され、海外でも広く知られています。

このページのトップへ