作家

北浦凡子/Namiko Kitaura

Namiko_Kitaura.jpg






北浦凡子 Website

北浦凡子は1977年東京生まれ。イタリアのFABRICA(ベネトン出資のアーティストレジデンス)を経て、フリーランスの写真家として日本、イタリア、イギリス、フランスを拠点に活動を続けています。
近年撮影された花の静物写真「Domestic stills」は、 被写体の花に手が加えられ、その痕跡が残されています。花弁に糸を通して吊るしたもの、油で揚げたもの、洗剤に浸したもの、原型が崩れるまで洗い続けたものなど、その状態はさまざまです。表面の微細な皺さえも写し出す距離から、張力で引きちぎられるような危うさや、変質した花の姿を北浦は捉えます。被写体は肉体的な感覚を伴い、画面全体に不穏な空気が漂います。 美しさ、可憐さ、官能の象徴である花は、日常的に多くの人に撮られています。

このページのトップへ