作家

高松次郎/Jiro Takamatsu

20150410110009_001.jpg







高松次郎は1936年東京都渋谷区生まれ。1958年に東京芸術大学美術学部絵画科を卒業。立体、写真、絵画、ドローイング、パフォーマンスと、高松は様々な形態で作品制作を行いました。中西夏之、赤瀬川原平らと芸術集団ハイレッドセンター(1963-64年)を結成し、都内の公共の場で、挑発的且つ政治性を孕んだイベントを行いました。また、盛んに著作活動をした理論家であり、1968年から1972年の間、多摩美術大学で教鞭をとりました。1968年にヴェネチア・ビエンナーレに日本代表作家として参加し、その他パリ・ビエンナーレ(1969年)、サンパウロビエンナーレ(1973年)、ドクメンタ(1977年)などにも参加。1967年に第9回日本国際美術展で神奈川県立近代美術館賞、第5回パリ・ビエンナーレでテオドラン財団賞、1968年にヴェネチア・ビエンナーレでカルロ・カルダッツォ賞、1969年にパリ・ビエンナーレでグループ賞、1972年に第8回東京国際版画ビエンナーレで国際大賞、1974年に第4回イギリス国際版画ビエンナーレでブラッドフォード大学買い上げ賞をそれぞれ受賞。1998年に逝去(享年62歳)。

このページのトップへ