作家

松浦浩之/Hiroyuki Matsuura

Hiroyui MATSUURAself-portrait.jpg







松浦浩之オフィシャルサイト
松浦浩之は1964年東京生まれ。1984年からグラフィックデザインの業務に携わります。1999年より、「日本のキャラクター文化」をテーマに作品を制作。2005年に東京画廊で開催された個展『Super Acrylic Skin』でアーティストへと転身し、以降、絵画、立体、版画など作品の形式を広げながら、国内外で作家活動を行っています。近年では、2008年と2009年に台湾の誠品画廊、2009年に北京のBTAPで個展を開催するなど、年々国際的な注目を集めているアーティストです。

展覧会
個展「Super Acrylic Skin - Trigonal Clone」(2015|東京)
個展「Super Acrylic Skin - Sweet Addiction」(2010|東京)
個展「SUPER ACRYLIC SKIN PHOTON 光子 Imaginary Temperature」(2009|北京)
個展「SUPER ACRYLIC SKIN」(2005|東京)

このページのトップへ