作家

宋冬/Song Dong

CN040.jpg







宋冬は1966年北京生まれ。1989年に首都師範大学美術学部を卒業後、北京を拠点に活動を行なっています。ソンドンは、パフォーマンス、ビデオ、写真、立体など多岐にわたる制作を通じて、人間の営みの儚さとその愛おしさに関する考究を続けています。2001年に妻でありアーティストでもある尹秀珍とコラボレーションして以来、自身の家族を題材にした作品を多く制作しています。
2005年の東京画廊+BTAP(北京)で展示したインスタレーション作品「物尽其用 Waste Not」は、母・ Zhao Xiang Yuanとの共同制作であり、50年にわたって彼 女の自宅に集積された全ての物品で構成されています。光州ビエンナーレで金賞を受賞して以降、中国現代社会の諸事象を強く喚起する同作は、ニューヨーク近代美術館、バンクーバーアートギャラリーを始めとした各地の主要な美術館で展示され、世界的に高い評価を受けています。

このページのトップへ