作家

蔡国強/Cai Guoqiang

CN003.jpg







蔡国強ホームページ
蔡国強は1957年中国福建省泉州生まれ。1981年から1985年まで上海演劇大学で舞台美術を学び、現在はニューヨークを拠点に活動しています。
北京オリンピック開会式の花火の演出、火薬で描く「火薬絵画」などのダイナミックな作品制で世界的に知られるアーティストです。1986年から95年の間は日本に滞在し、東京画廊+BTAPでは1991年の『アジアの浪<中国>』展に出品、1994年には個展『蔡國強:炎について』を開催しています。1999年にはヴェネツィア・ビエンナーレ金獅子賞を、2007年にヒロシマ賞を、そして2012年に高松宮殿下記念世界文化賞を受賞しています。主な展覧会に『Cai Guo-Qiang on the Roof: Transparent Monument』(ニューヨーク・メトロポリタン美術館、06年)、『Cai Guo-Qiang: I Want to Believe』(ニューヨーク・グッゲンハイム美術館、08年)、『蔡國強:蜃気楼』展(カタール・アラブ近代美術館、11年)など。

このページのトップへ